医療の現状を学ぶ

2. 先進医療について

先進医療とは

先進医療とは厚生労働大臣が定める医療技術で、技術ごとに決められた適応症に対し施設基準に適合する医療機関にて行われるものです。先進医療にかかわる技術料は、原則として全額自己負担となります。

例:1か月のうちで総医療費が100万円、うち先進医療にかかわる技術料が20万円だったケース

  1. 1. 先進医療にかかわる技術料20万円は、原則として全額を患者が負担します。
  2. 2. 通常の治療と共通する部分(診察、検査、投薬、入院料※1)は、公的医療保険制度の給付対象となります。
先進医療の技術料(自己負担額)は20万円、診察・検査・投薬・注射・入院料(一般治療と共通する部分)は56万円、一部負担は24万円※2、高額療養費制度適用後の自己負担額は85,430円

※1 保険給付にかかる一部負担については、高額療養費制度が適用されます。

※2 70歳未満の年収約370万円~約770万円(標準報酬月額28万円~50万円(健保の場合))の世帯を想定し3割負担として一部負担24万円を算出しています。また、80,100円+(医療費:800,000円-267,000円)×1%=85,430円が高額療養費制度適用後の自己負担額となり、差額の240,000円-85,430円=154,570円の給付を受けることが出来ます。詳細は高額療養費制度についてをご確認ください。

厚生労働省ホームページより引用

お電話でのお問合せ・ご相談

[フリーダイヤル]0120-315-056(通話無料)
[受付時間][平日 9:00~19:00/土・日 9:00~17:00](祝日および年末年始を除く)

各種お手続き

住所変更・名義変更などインターネットで各種お手続きがカンタンに行えます。

インターネットからお申込み途中の方や、インターネット申込みを完了された方の専用ページはこちらから。

ログイン

お手続き可能時間 午前7:00~翌午前2:00

HP-0000-150-16072264(H28.07.20)