料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型) メディフィット収入保障

契約年齢
20~70歳

お手頃な保険料で、万一のことがあった場合の生活費の不足に備える

料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型)
メディフィット収入保障

  • メディフィット収入保障は、保険ショップ等専用の商品です。お近くの保険ショップをご案内いたしますので、お気軽にお電話ください。

メディフィット収入保障の保障内容

収入保障年金・高度障害年金をお受け取りいただけます

主契約:被保険者が死亡・所定の高度障害状態に該当されたとき、収入保障年金・高度障害年金をお受け取りいただけます。

仕組み

ご契約例
  • 料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型)
  • 契約年齢:30歳
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満了
  • 年金支払保証期間:5年
  • 年金月額:20万円

万一のことがあったときから保険期間満了まで、年金を毎月お受け取りいただけます。 保険期間・保険料払込期間は収入保障年金、高度障害年金毎月20万円

収入保障年金・高度障害年金は重複してお支払いしません。

お支払理由に該当した時期ごとの年金受取総額のイメージ

・ご契約から1か月目 年金月額20万円×12か月×30年 受取総額7,200万円 ・ご契約から10年1か月目 年金月額20万円×12か月×20年 受取総額4,800万円 ・ご契約から25年1か月目以降 年金月額20万円×12か月×5年 受取総額1,200万円

  • 年金の受取開始後は保険料のお払込みは不要です。

このページの先頭へ戻る

特約でさらに安心をプラス

3大疾病保険料払込免除特約

  • 3大疾病で所定の理由に該当されたときは、以後の保険料のお払込みを免除します。
  • 責任開始日から90日以内に診断確定されたがんは保険料のお払込免除のお取扱いはできません。

リビング・ニーズ特約

  • 特約保険料無料
  • 余命6か月以内と判断されるときは、リビング・ニーズ保険金の請求日から6か月後の年金の現価相当額※1全部※2または一部※2前払請求することができます。
  • リビング・ニーズ保険金のお支払いは、1契約につき1回を限度としています。また、リビング・ニーズ保険金をお支払いした場合、この特約は消滅します。
  • リビング・ニーズ保険金をお支払いする前に、収入保障年金または高度障害年金の支払請求を受け、その年金をお支払いするときは、リビング・ニーズ保険金をお支払いしません。
  • 請求日から保険期間満了の日までの期間が1年以内である場合、リビング・ニーズ保険金のご請求はできません。
  • リビング・ニーズ保険金をお支払いしたときは、主契約は請求日にさかのぼって消滅または減額されたものとします。
  • ※1
    年金の現価相当額とは将来の年金を支払うために必要なその時点における金額のことをいいます。
  • ※2
    リビング・ニーズ保険金の請求日の6か月後の月単位の応当日における年金の現価相当額または3,000万円(被保険者おひとりにつき)のいずれか小さい金額を限度とします。なお、限度額は将来変更することがあります。

このページの先頭へ戻る

特徴1. 必要保障額に合わせた保険設計で、お手頃な保険料を実現!

たとえば、お子さまがいらっしゃるご家庭の場合、一般的には必要となる保障額はお子さまの成長とともに減っていきます。
メディフィット収入保障は、時がたつにつれ減っていく必要保障額に合わせて年金受取総額が逓減していくので、保険料がお手頃です!

必要となる生活資金の推移

お子さまの成長に合わせ、必要保障額と、将来必要なご家族の生活費の総額も徐々に減少します。 必要保障額の減少に合わせて逓減していくので、逓減した分だけ保障の保険料を抑えることができます。 例えば55歳から60歳の場合、万一のことがあったときから保険期間満了までが短くても、最低2年間または5年間は年金をお受け取りいただけます(年金支払保証期間)。

このページの先頭へ戻る

特徴2. たばこを吸っていない※3と保険料が割安※4!体格(BMI)、血圧値も所定の基準を満たせばさらに割安※4

メディケア生命所定の基準(喫煙の状況※3、体格(BMI)、血圧値)で、被保険者の状態に応じた3つの保険料率を設定。

BMIとは

身長と体重の関係から計算した、人の肥満度を表す指数です。
BMI=体重(kg)÷{身長(m)}2

BMIの計算の例
体重60kg,身長170cmの人の場合
BMI=60÷1.7÷1.7=20.761

  • ※3
    非喫煙者優良体料率適用のお申込みまたは非喫煙者標準体料率適用のお申込みがあった場合、喫煙の状況に関する告知をしていただくことに加えて所定の喫煙検査を実施させていただきます。被保険者本人が喫煙者でなくとも、受動喫煙により喫煙検査において「喫煙者」と判定されることもあります。
  • ※4
    各保険料率の保険料水準は右記のとおりとなります。[非喫煙者優良体料率<非喫煙者標準体料率<喫煙者料率]

あなたの保険料を今すぐチェック!

1. 性別・年齢選択
2. 過去1年以内に喫煙していない
3. 3つの条件を満たしていますか?
BMIの値 計算するモーダルウィンドウで開きます
18以上27未満
最高血圧値
140mmHg未満
最低血圧値
90mmHg未満

月払保険料チェック結果
年金月額 非喫煙者優良体料率 非喫煙者標準体料率 喫煙者料率
5万円
10万円
15万円
20万円
25万円
30万円
試算条件
  • 料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型)
  • 3大疾病保険料払込免除特約:付加しない
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満了
  • 年金支払保証期間:5年
  • ご選択いただいた性別・年齢の保険料です
  • お申込みの際には、健康診断書のご提出が必要です。喫煙の状況※3、体格(BMI)、血圧値のほか、健康状態、職業・メディケア生命での過去の契約状況などを総合的に判断した結果、お引き受けできないこともあります。
  • 「優良体」とは、この保険におけるメディケア生命の呼称であり、「優良体」の基準に該当しない方の健康状態や身体状態などが優良でないということではありません。
  • このシミュレーション以外の年金月額・保険期間、年払いおよび半年払いの保険料についてはメディフィット収入保障を取扱いの保険ショップ等にお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

特徴3. 3大疾病で所定の理由に該当したとき、以後の保険料はいただきません。

3大疾病保険料払込免除特約を付加することで、がん、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の理由に該当されたときの経済的負担に備えられます。

上皮内がんも保険料払込免除の対象となります。

上皮内がんとはモーダルウィンドウで開きます

3大疾病保険料払込免除特約の仕組み

保険料のお払込み→3大疾病→以後の保険料のお払込みを免除、さらに保障は継続します。 「所定の保険料払込免除理由について」 ・がん(がん責任開始日以後に初めてがんと診断確定されたとき(上皮内がんも対象)) ・急性心筋梗塞、脳卒中(治療を目的とする公的医療保険制度対象手術※5を受けたとき(60日以上の労働の制限等の有無は問いません。)) または急性心筋梗塞の場合 60日以上、労働の制限を必要とする状態※5が継続したと診断されたとき または脳卒中の場合 60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断されたとき

  • 責任開始日から90日以内に診断確定されたがんは保険料のお払込免除のお取扱いはできません。
  • ※5
    軽い家事などの軽労働や事務などの座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態

このページの先頭へ戻る

年金のお受取りについて

年金のお受取総額について

契約年齢30歳の被保険者が亡くなられた場合の収入保障年金のお受取総額の例です。

ご契約例
  • 料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型)
  • 契約年齢:30歳
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満了
  • 年金支払保証期間:5年
  • 年金月額:20万円

ケース① 40歳で亡くなられたとき(ご契約から10年1か月目) 毎月20万円×12か月×20年間 年金受取総額4,800万円 ケース② 50歳で亡くなられたとき(ご契約から20年1か月目) 毎月20万円×12か月×10年間 年金受取総額2,400万円 ケース③ 59歳で亡くなられたとき(保険期間満了前5年以内) 毎月20万円×12か月×5年間 年金受取総額1,200万円 ・「年金支払保証期間」があります。5年間分を保証! 死亡または所定の高度障害状態に該当されたときから保険期間満了日までの期間が「年金支払保証期間」に満たない場合でも、「年金支払保証期間」中は年金を毎月お受け取りいただけます。 たとえば59歳で亡くなられた場合 (保険期間60歳満了・年金支払保証期間5年の場合) 年金支払保証期間5年 年金月額20万円×12か月×5年 年金受取総額1,200万円 ・年金支払保証期間は2年または5年からお選びいただけます。

年金は一時金でも受け取れます。

契約年齢30歳の被保険者がご契約から10年1か月目で亡くなられた場合の収入保障年金のお受取り例です。

ご契約例
  • 料率区分型収入保障保険(無解約返戻金型)
  • 契約年齢:30歳
  • 保険期間・保険料払込期間:60歳満了
  • 年金支払保証期間:5年
  • 年金月額:20万円
1. 毎月の年金でお受け取りいただく場合

年金受取総額 4,800万円

ご契約から10年1か月目~60歳まで、毎月20万をもらった場合

2. 全部を一時金でお受け取りいただく場合

一時金 約4,225万円

毎月の年金をお受け取りいただくかわりに年金の原価相当額※6を一時金としてお受け取りいただけます。(この場合、ご契約は消滅します。)

3. 毎月の年金受取りと一時金受取りを組み合わせることもできます。

お葬式やお引越し、車のローンの一括返済などですぐにまとまった金額が必要な場合

年金開始時に年金の一部を一時金、以後を減額された毎月の年金でお受け取りいただけます※7
受取総額:約4,742万円

一時金 約422万円※8 ご契約から10年1か月目~60歳まで、毎月18万をもらった場合

お子さまの学費や住宅購入などでまとまった金額が必要な場合

年金支払期間の途中で残りの年金の全部を一時金でお受け取りいただけます。(この場合、ご契約は消滅します。)
受取総額:約4,472万円

ご契約から10年1か月目~毎月20万、ご契約から15年1か月目に一時金約3,272万円

  • ※6
    年金の現価相当額とは将来の年金を支払うために必要なその時点における金額のことをいいます。
  • ※7
    年金開始時に年金の一部を一時金、以後を減額された毎月の年金でお受け取りいただく方法は、第1回の年金をお受け取りいただく前に限り、選択いただけます。(減額後の年金月額がメディケア生命所定の金額を下回るときには、お取り扱いできません。)
  • ※8
    年金月額2万円分を一時金として受け取った場合。
  • 一時金で受け取る場合、通常、年金で受け取るよりも、受取総額は少なくなります。
  • 第1回の年金のお支払理由が発生した後に、その年金支払期間中に年金の受取人が死亡したときは、将来の年金の支払いを行わず、未払年金の現価相当額を死亡した受取人の法定相続人に一時にお支払いします。この場合、ご契約は消滅します。

税法上のお取扱いについて

収入保障年金のお取扱いについて

ご契約者(保険料負担者)・被保険者と収入保障年金受取人の関係によって、次のとおり収入保障年金に対する税金が異なります。

左右にスワイプ可能です

契約形態 税法上のお取扱い
死亡時に一時金として受け取る場合 年金として受け取る場合
死亡時 毎年の年金受取時
ご契約者・年金受取人が同一人の場合
  • 所得税(一時所得)
  • 住民税
  • 所得税(雑所得)
  • 住民税
ご契約者・被保険者が同一人で、年金受取人が相続人の場合
  • 相続税
  • 相続税
    (年金の評価額※9に対して課税)
ご契約者・被保険者・年金受取人がそれぞれ別人の場合
  • 贈与税
  • 贈与税
    (年金の評価額※9に対して課税)

収入保障年金受取人は、収入保障年金のお支払理由発生後は変更できません。なお、一般的に贈与税は相続税に比べ税率が高くなります。

非課税扱いの特典について

被保険者が受け取る次の年金などは、全額非課税となります。

  • 高度障害年金
  • リビング・ニーズ保険金
  • ※9
    この保険においては、年金開始時に年金の全部を一時金でお受け取りいただく場合のお受取額が年金の評価額に相当します。
  • 税務上のお取扱いは、2018年9月現在のものです。今後、税制の変更等に伴い、記載の内容が変わることがあります。
  • より詳しい内容等につきましては、国税庁のホームページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る

こちらの商品は、金融機関でもお申し込みいただけます。
詳しくはこちら

保険ショップ等でお申込み可能な商品一覧へ戻る

HP-T210-150-18113960(2018.11.1)