給付金などをお支払いできない場合について

商品名
メディフィット医療定期

以下のいずれかに該当するときは、給付金などをお支払いできません。

お支払理由に該当しない場合

給付金などは、約款に定めるお支払理由に該当しない場合にはお支払いできません。

給付金などの名称 お支払理由などに該当しない例
災害入院給付金
疾病入院給付金
  • 入院日数が約款に定める継続した1回の入院に対する支払限度日数または通算支払限度日数を超えた部分(がんによる入院については、1回の入院に対する支払限度日数および通算支払限度を超えてお支払いします。)
  • 入院先が約款に定める医療機関ではない場合
  • 傷害または疾病の治療を目的としていない場合(人間ドックなど)
手術給付金
  • 医科診療報酬点数表において手術料の算定対象とならない場合
    (持続的胸腔ドレナージ、胃持続ドレナージなど※1)
  • お支払いの対象外となる手術※2を受けられた場合
骨髄移植給付金
  • ドナー(骨髄提供者)の「移植骨髄穿刺」
放射線治療給付金
  • 放射線治療給付金が支払われる直前の放射線治療の日からその日を含めて60日以内に放射線治療を受けられた場合
  • 輸血血液に対する「血液照射」
先進医療給付金
  • 厚生労働省告示に基づいて厚生労働大臣が定める先進医療による療養に該当しない場合
  • 先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合しない病院または診療所において療養を受けられた場合
  • 医療機関などの負担により、先進医療にかかわる技術料(被保険者の自己負担額)が0円の場合
先進医療一時給付金
  • 厚生労働省告示に基づいて厚生労働大臣が定める先進医療による療養に該当しない場合
  • 先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合しない病院または診療所において療養を受けられた場合
  • 医療機関などの負担により、先進医療にかかわる技術料(被保険者の自己負担額)が0円の場合
  • 先進医療一時給付金が支払われる直前の療養の日からその日を含めて60日以内に療養を受けられた場合
  • 同一の先進医療を、60日を超えて受療された場合は1回のみお支払いします。(同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けられたときは、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。)
  • ※1
    2016年6月現在の制度によります。
  • ※2
    お支払いの対象外となる手術は次のとおりです。
    • 傷の処理(創傷処理、デブリードマン)・切開術(皮膚、鼓膜)・抜歯手術
    • 骨、軟骨または関節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術
    • 異物除去(外耳、鼻腔内)・鼻焼灼術(鼻粘膜、下甲介粘膜)
    • 魚の目、タコ手術後縫合(鶏眼・胼胝切除後縫合)

免責事由に該当する場合

給付金などは、お支払理由や保険料のお払込免除の理由に該当されていても、免責事由に該当されたときはお支払いできません。

給付金などの名称 約款に定める免責事由
災害入院給付金
疾病入院給付金
手術給付金
骨髄移植給付金
放射線治療給付金
先進医療給付金
先進医療一時給付金
  • 被保険者またはご契約者の故意または重大な過失
  • 被保険者の犯罪行為
  • 被保険者の薬物依存
  • 被保険者の精神障害の状態を原因とする事故
  • 被保険者の泥酔の状態を原因とする事故
  • 被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故
  • 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛でいずれも他覚所見のないもの(原因の如何を問いません。)
    (先進医療給付金・先進医療一時給付金を除きます。)
  • 戦争その他の変乱、地震、噴火または津波
所定の高度障害状態に該当したことによる保険料払込免除
  • 被保険者またはご契約者の故意
  • 被保険者の犯罪行為
  • 戦争その他の変乱
所定の障害状態に該当したことによる保険料払込免除
  • 被保険者またはご契約者の故意または重大な過失
  • 被保険者の犯罪行為
  • 被保険者の精神障害の状態を原因とする事故
  • 被保険者の泥酔の状態を原因とする事故
  • 被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故
  • 戦争その他の変乱、地震、噴火または津波

責任開始期前の傷害または疾病を原因とする場合

  • 責任開始期前に発生した傷害または疾病を原因とする場合は、原則として給付金などをお支払いしません。
    ただし、責任開始期前に発病した疾病であっても、その疾病について、正しい告知が行われていた場合や、病院への受診歴などがなく、発病した認識や自覚がなかった場合は、お支払いします。

告知義務違反による解除の場合

  • 告知していただいた内容が事実と相違していたため、ご契約が解除された場合、給付金などのお支払理由が発生していてもお支払いはできません。(ただし、告知義務違反の対象となった事実と請求原因との間に因果関係が認められない場合には、給付金などをお支払いします。)

第1回保険料が払い込まれないまま猶予期間が満了したことによる無効の場合

  • 第1回保険料が保険料払込みの猶予期間内に払い込まれないことによりご契約が無効となった場合、ご契約の効力が当初からなくなり、責任開始期にさかのぼって保障がなくなるため、給付金などのお支払理由が発生していても給付金などはお支払いしません。

ご契約が失効した場合

  • 保険料のお払込みがなかったため、ご契約が効力を失っている間(失効している間)に給付金などのお支払理由が発生しても給付金などをお支払いすることはできません。

詐欺による取消しや不法取得目的による無効の場合

  • ご契約者または被保険者の詐欺により、保険契約の締結または復活が行われた場合には、その保険契約を取り消し、すでに受け取った保険料は払い戻しません。
  • ご契約者が給付金などを不法に取得する目的または他人に給付金などを不法に取得させる目的をもって保険契約の締結または復活が行われたときは、その保険契約を無効とし、すでに受け取った保険料は払い戻しません。

重大事由による解除の場合

  • 重大事由に該当しご契約が解除された場合、重大事由の発生時以後に生じたお支払理由による給付金などのお支払いはできません。

重大事由とは

重大事由とは、以下の①~④のことをいいます。

  • ご契約者、被保険者または死亡返還金受取人などがご契約の給付金などを詐取する目的または他人に詐取させる目的で事故招致(未遂を含みます)をしたとき
  • 給付金などの請求に関し、その給付金などの受取人に詐欺行為(未遂を含みます)があったとき
  • ご契約者、被保険者または死亡返還金受取人などが暴力団関係者、その他の反社会的勢力※3に該当すると認められるとき、またはこれらの反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係※4を有していると認められるとき
  • 上記①②③の他、ご契約者、被保険者または死亡返還金受取人などに対する会社の信頼を損ない、この保険契約の存続を困難とする上記①②③と同等の重大な事由があるとき
  • 上記の事由の発生以後に給付金などのお支払理由が生じたときは、メディケア生命は給付金などのお支払いを行いません。また、すでに給付金などをお支払いしていたときは、その返還を請求します。
  • ※3
    暴力団、暴力団員(脱退後5年を経過しない者を含む)、暴力団準構成員または暴力団関係企業その他の反社会的勢力をいいます。
  • ※4
    反社会的勢力に対する資金などの提供もしくは便宜の供与、反社会的勢力の不当な利用を行うことなどをいいます。また、ご契約者もしくは給付金などの受取人が法人の場合は、反社会的勢力による企業経営の支配もしくは実質的な関与があることもいいます。

給付金などのお支払いについて(メディフィット医療定期)

このページの先頭へ戻る

HP-0000-150-16082253(H28.8.3)